日々、中毒中。

すきなことをすきなだけ、ごちゃまぜなブログ。完全なる駄文書きますが、堪忍を。

関ジャニ'sエンターテインメント ジャム 名古屋公演最終日に行ってきたよ!(後編)

 

8月6日日曜日の

ジャム名古屋最終公演のおはなし。

 

前回のと合わせて1記事でおさまるつもりが

どこまでも長くなってしまったので2つに。

長々ごめんなさい〜

 

前半の勝負のエイトバンドからの

後半戦!MCから振り返りっ

 

エイトさんのMCは絶大なる信頼を置いてます。

ジャニーズもそうじゃないアーティストも含め

今まで数々のライブ行ってきたけど、

間違いなくエイトが1番!

MCでのし上がってきた節あるからね!!

バンドの合間のおしゃべりも良かった。

なんと言っても気まずいの絡み。

「すばるくん元気ですかっ!」(ウルトラご機嫌)

「えっ…お…元気やで…?」

「イェーーーーーイ!!!!」

「…っ笑」

気まずい〜〜〜〜〜〜!!!

可愛い〜〜おりょん可愛い〜〜〜

すっかり怯むすばさんも可愛い〜〜〜

何その絡み〜〜〜〜

いやーこれだけでこの公演

入った甲斐があったってもんだ。うん。

今回のツアー中やすくんが絶好調なようで

終始よこちょから 「やすいいぞ〜〜!」

と言われておりました。

安田節…もはや天然の域じゃねえ…

天然といえば最近めっきり

そのポジを確立した村上さんの話題も。

トイレに勝手に閉じ込められちゃう村上さん。

なんか数日前の風磨さんのソロコンでも

山Pのお隣で天然かまされてたようで…

1日休みほしいってちゃんと言いなね?

丸ちゃんの『泥棒役者』も

しっかり宣伝してくれまして☺︎

11月18日がとっても楽しみ!

そんでもってつかポンの言うとおり、

「奇跡の人」はフル尺じゃないと

良さ伝わらないね!すごく素敵な曲だった!

 

後半戦はガラッと雰囲気変えて

ひたすら動く動く!

なんか久々にしゃかりき踊るエイトさん見たよ!?

"抜いてる"感全く感じなかった!

特にお兄ちゃん組!

すばるくんがガシガシ踊ってると

なんだかキュンとする。好きや。

村上さんは自称踊れる人だと思ってたけど

ちゃーんと踊れる人だった。改めて。

「Answer」で三馬鹿で並んだとき、

それが顕著に出てて感動。

何より1番横山さんから"抜いてる"感を

ほとんど感じなかったのがびっくり!

三馬鹿初のユニット曲「Anser」の

仕上がりっぷりが異常。

この3人が本気でジャニーズやったら

こんな美しいんだと改めて痛感。

心臓持ってかれる。

あと後ろのスクリーンで

まだ駆け出しの時の三馬鹿さんを

流す演出考えた人誰ですか!!!!!

やめてください!!しんどいです!!

年下組の「ノスタルジア」も

音源聞いてた何百倍も素敵だった!

これまでのエイトさんにない、

コンテンポラリーダンス的なフリが

儚くて美しかったし、

なんかいつもより仕上げてきた感があって

完成度の高さにやられました。

めずらしーく丸ちゃんのソロダンススタートで

なんか感動してしまった。

丸ちゃんステキだったよ〜〜〜!!

年下組は根っからのアイドル畑の子達で、

本気出すと恐ろしい。かんじゃに怖い。

 

後半戦ど頭の

「JAM LADY」

「罪と夏」

「DONAI」

の怒涛の3曲がひたすらブチ上がりすぎて困った。

もはや暴力。うかうかしてると死にます。

メンステ上から降臨するエイトさんたちの

破滅的なかっこよさったらない。震える。

「JAM LADY」ひたすらみんなおエロい。

大倉さんは予想通りエロテロリストだったし、

やすくんも想定通りど変態だったし、

丸ちゃんのさりげないエロに脳フリーズした。

音源からすばるくんパートが好きなので、

「もう、あかんてぇ〜」

の致死的エロさを目の当たりにできてよかった。

そして今年も安定罪夏に

8月どころか全季節を捧げようと思う。

「DONAI」はなんか!

関ジャムより圧倒的に仕上がってたよね!?

しかもなんかみんなしゃかりきだったよね!?

全力エイトさん大好きなので、

久々にダンス曲でそれを感じられて

とにかく嬉しかったんだ私!

さっきも言ったけど!大事なことだからね!

 

「Sorry Sorry love」

WASABI

「えげつない」

のトリプルコンボも強かったですね。

久々に本家のソリソリ聞いたよ〜

大好きだから嬉しかったし、

がっつり踊ってくれて眼福眼福。

超超欲を言うとフルで聞きたかった…

松原の背中合わせ…(とことん強欲)

WASABI」こんなかっこよかったっけ!?

なんだか前よりかっこよく感じた。

多分今回の演出の方が好きだった。

あの後元気コンのWASABI見返しましたが、

やっぱりかっこよかった。おや??

そして6人だった。おーくら…。

しかしうーんいい曲。歌詞が秀逸。

「えげつない」よかったっすね!!

ライブ向きな曲なのは重々わかってたけど、

みんながラップバトルに向けて

徐々にセンステに集まってくる感じ!

たまらない!神演出あざすでした。

脇に囲まれる丸ちゃんの可愛さ。

偏西風な7人組かっこよ〜〜〜〜〜!!

ダンス曲続いたあとの渋谷パート、

気力100%注いでる感じが

渋谷さんらしくてライブ感全開で

最高でした。映像化早よして!!

肉眼ではっきり見れる距離で見れて幸せ!

ところでなんであんな踊りなの?笑

女子ドルなの?ヲタなの?最高なの??

30代アイドルがあれやる破壊力。

ネバネバあんなかっこいい曲なのに

それだけじゃないところがエイトでしたw

丸ちゃんネバネバ似合うなあ…。

 

本編最後はアルバムのリード曲「今」

初めて聞いた時から

いい曲だなって思ってましたが、

聞けば聞くほど"関ジャニ∞"で、

最後の最後までしゃかりきに

踊り尽くしてくれるセトリがよかったから、

ライブすべてを通してのラストの"今"が

とにかく儚くて優しくて綺麗だった。

緩急の大事さ改めて実感。仕事にも生かそう。

全部振り絞って汗びっしょりで

全員で円になって手を合わせるところも、

誰かと目があうと柔らかく笑う感じも

全部が全部関ジャニ∞の"今"で、

この曲がラストに選ばれた理由が

じんわり熱く伝わってきて泣きそうになった。

歴代のおちゃらけソングでも、

ゴリゴリのバンド曲でも、

節目らしいバラードでもなくて、

「今」なんだと、

関ジャニ∞の"今"はこの曲なんだと

その理由がすべて詰まっていました。

 

本編が終わりアンコール。

「純情恋花火」のイントロにのって

それぞれ柄の違う浴衣姿で現れた7人に

どうしても十祭を感じずにはいられなかった。

やめてくれ〜〜〜〜泣く〜〜〜

あの時の「純情恋花火」とは違って、

盆踊り的な振りを踊りながら

ニコニコニヤニヤしちゃう年下組に

(特に大倉さんのおふざけはすごかった)

あれからもう3年も経つんだなあと

しみじみしてしまいました。

安定の山田パートは

刹那の極みすぎて息止まった。

「好きです 好きなんです」

って山田にパート当てた人天才。

本気で印税多めにもらって。お願い。

あー山田ってすごい。

 

浴衣で「パノラマ」っていいね!

地味〜にパノラマ大好きっ子なので

このタイミングでこれは嬉しい!!

なんといっても最初のキメポーズ!

ここでも山田がバリアイドルすぎて…

なんなの!やめてよ!殺す気!?

ちゃっかり三馬鹿ちゃんで

おさまっちゃうあたりも美味でしたっ

ズッコケはね!エイトもなんだけどね、

今回バック務めてくれてる関ジュちゃんたち!

まとこじゃが踊るズッコケを

本当にしばらくぶりに見れて

感動どころの話じゃなかった…。

そんな古株兄ちゃんたちに混じって

初めてエイトバックつく子だったり

楽ちゃんやら奥村くんやら

関ジュの中でもちっちゃい子組として

普段扱われる子達もついてたりして

なんかもう…関西エモすぎる〜〜!!

時の流れとか関西Jr.の歴史とか

いろいろ昔のことを思い出して

とっても感慨深かったです。

そしてやっぱりリチャは目立つ。

 

アンコ最後、

全編通しての最後の曲は

「青春のすべて」

エイト7人が横一列で

まっすぐ前を向いて歌った

「君に出会えてよかった」

は、歌詞だけど歌詞じゃなくて、

きっと7人それぞれが他のメンバーに

そう思っていることだと思うし、

そう思っていてほしい。

ファンだけど、アイドルだけど、

やっぱりお互い一人の人間として、

そこは信じたいし信じていたい。

「これまで」があったから

「これから」を想えるんだと、

体現し続ける関ジャニ∞

同じ時代に生きて見ることができて

幸せだなあと思います。

 

そんなジャム名古屋公演最終日でした!

やっぱり関ジャニ∞

悔しい人たちだ。

かっこよすぎだばかやろー!!

見た目とか顔とかじゃなく、

やり方が。表現が。体現が。

本当にむかつくくらい格好良いなと。

すんげークズの集まりだったとしても

多分一生好きです。笑

 

私もいつか!頑張れ頑張る!

 

そしてそして今週末は

元々の予定の東京公演です〜☺︎

仕事さえなければ増やしていたところだ…

くっそー!たのしんできます!!

感想レポはまた来週にっ

 

 

 

関ジャニ'sエンターテインメント ジャム 名古屋公演最終日に行ってきたよ!(前編)

 

ミスチルさんの素晴らしいライブから

熱が全く冷めないまま一夜明け。

 

8月6日日曜日。

 

行ってきちゃいました!

関ジャニ∞初の夏のドームツアー!

関ジャニ'sエンターテインメント ジャム』

名古屋公演最終日!!

全くもって行く予定ではなかったのですが、

ちゃっかり仕事が午前だけになったのと、

うっかりチケット持った友人に声掛けられたのと、

『少年たち』に行けそうになかったのと、

いろいろ合わさってぐるぐるしたけど、

「デカい後悔 すんならいっそ大航海」

って地元名古屋のボイメンさんも言ってたし、

(©「帆を上げろ!」)

アイアイサーでLet's 名古屋〜〜!!

 

実は別のお友達に

6日の『少年たち』誘われていたのですが、

お誘いいただいた時は仕事の予定で

止む無くお断りしてしまいまして…。

その後別の友人にジャム8/6のお誘いがあり、

直後急遽6日の午後の仕事バラシになって、

何が何やら混乱しつつも

いろーんな巡り合わせがあって、

名古屋ドームに至る。

そして別日に予定していた『少年たち』は

見事仕事ですべて持っていかれ、

どうやら私は学生時代から欠かさず通っていた

夏の松竹座に初めて行けそうにありません。

考えただけで吐きそうなので一旦忘れます。

その話は多分そのうち勝手に書いちゃう。

ぶつけるところがないから。うわーん!!(号泣)

 

気をとり直して!!

久しぶりの名古屋!!いつぶり!?

元気コンぶりかもしれない…

この日も名古屋も暑かった!!

灼熱とはこのこと!

35℃前後マークしてたらしい名古屋は、

連日のレポで流れてくる

「死ぬほど暑いぞドームはよ!」

という瀕死レポを一蹴するほどの暑さ。

大丈夫か1◯連勤明けの自分。

大丈夫かおっちゃんたち!!

 

とハラハラしながら名古屋ドームへ。

最近めっぽうお気に入りの

ドアラちゃんにキュンキュンしながら

あっさりグッズを購入しドームへIN!!

 

想定していたよりは暑くなかったけど、

なんだかんだでやっぱり暑かった!

みんなまじでちゃんと水分とってや!!

一本だと心許ないかもだから、

気兼ねなく飲めるように2本持参がおすすめ!

(昨日のミスチルでも思った)

タオルも必須よ!!汗いっぱいかくよ!!

グッズにはちょうどいいタオルも売ってるよ!!

うちわもあるし!!お好きなのをどうぞ!!

 

そして今回のグッズ、 とってもタイプです!

E×E以来シャツ買うか迷ってる!

あ、8ESTも迷ったや☺︎

何なら買った気が。笑

ペンラだけは安定の

トンチキっぷり発揮してるけど!笑

いちごて!ジャムだからいちごて!

たこ焼きからのいちごて!!

か、カワイイけどさ…。デカイヨ…。

 

今回から初のQRチケ!!

これいいよね!私賛成派です!

なんせLDH系である程度

電子系には慣れちゃってるから。

でも席わからないのはムムムだね。。

でも変な転売とか少しでも減るのかな。

だったら全然良いと思う! 席こだわりない派です。

そりゃいい席がもちろんいいけど!

あわよくば丸ちゃんのファンサ欲しいけど!

もっと言うと肉眼ですばるくんの

マイク握りしめて歌い狂うとこ拝みたいけど!

でも一番はライブに平等に行けて

純粋にその場を楽しめることなので、

全然賛成派です!ハイテクだし!

そんで天井席予想だったのに、

実際は1階スタンドの前の方でした!

ラッキー!こういういい裏切りも

あったりするからやはり電子系は良い◎

 

いつも席つくの20分前〜直前という

ギリギリを攻めてしまう私は

心の準備なんて一切しないまま 暗転!

からの開演〜〜!!

 

何と言っても今回は 前半のバンド一本勝負!

もうね、私バンド厨なもので。

ついにエイトのバンドがここまできたのか

ここまで認められたのか、

と 嬉しくてたまらなくて震えました。

「ペンラじゃなくて拳あげようぜ!」

の開演直前アナウンスも粋でよかった。

ジャニーズのライブではなかなか難しいから

かなわなくて仕方なかったけど。

それでも結構うちわ置いてる人とかもいて

なんか風向き変わった感じがしてにまにま。

 

各ワイドショーでも言われてる通り、

今回のアルバム『ジャム』は

まさに勝負の一枚といった感じでした。

そうそうたる面々からの

楽曲提供というのもそうだけど、

何がやりたいのか

何を思っているのか

それが明確に音になって注がれた、

意志を感じるアルバムで。

 

そのアルバムを引っさげての

初めての夏のドームツアー。

この夏にやることに意味があるのか、

単純に空いた枠になのか、

いろいろごちゃごちゃ考えてたけど

暗転したままのステージに

彼らが現れて、次の瞬間

スポットライトがカッと熱くなった瞬間に

そんなものは全部吹っ飛びました。

 

この人らこんなに上手かったっけ

って失礼ながら思ってしまった。

スキルが格段に上がっている。

思いと技術がちぐはぐじゃない。

ライブの途中亮ちゃんが丸ちゃんに

「めっちゃ練習してるもんな」

って言ってたのが嬉しかった。

亮ちゃんほどストイックな人が

めっちゃ練習してるって言うくらいなんだから

相当な練習を日々積んでるんだ。

丸ちゃんだけじゃなくてみんな。

7人が7人多忙の合間を縫って

自分たちのバンドに、音楽に、

自分たちなりに真摯に向き合った

成果が結果になって現れていた1時間。

 

やっぱりやすのギターが

いつ聞いても圧巻だと思う。

天才が努力するとこうなる。

やすのギターほど信頼できる音ってない。

村上さんのキーボードも安定。

今回から上アングルのカメラが

結構多くなってたけど、

上から見るキーボード村上って

あんなかっこいいんだ。好き。

横山さんトランペットうまくなったな〜〜

練習してるしてないが

管楽器は顕著にでるから、

より練習してきた感が出てて良かった。

亮ちゃんの「侍唄」、

ちゃんと亮ちゃんのものだった!笑

自分でイントロ引いてボケて

突っ込んでもらって強行突破して

覚醒した錦戸亮素敵でした!

大倉さんのドラムは毎度毎度

悔しいけどかっこいい。

そして今回から「侍唄」の最後

やさしーくシンバル叩くところが

抜かれるようになりました。

ツボる村上さんが可愛かった。

みんなツボってた。私もツボった。

あれ何回でも見れる。

丸ちゃんベースソロかっこ良かったよ〜〜

ちゃんとイケイケだった!

メンバーも言ってた通り

ベスマガ出たことでベース界を背負い出す丸ちゃん。

「こんな音も出るんやで〜って知ってほしい」

な丸ちゃんがウルトラ可愛い。

ベース弾く時の伏し目がちな目が

ふあふあな前髪からチラチラするのが

最高にエロい。丸山マジック。

そしてやっぱりエイトバンドの魂

渋谷すばるは凄かった。

音楽の神様に愛された人。

心からそう思ったのは

あの人が初めてなんです。

初めて思った時からもう十何年も経つけれど、

未だにその思いは変わりません。

叫ぶように歌うすばるくんも

やさしく包むように歌うすばるくんも

まっすぐに儚く歌うすばるくんも

全部全部悔しいほどかっこいい。

あと顔整いすぎ。実は美の暴力系。

そして今の髪型ストライクすぎて泣く。

 

髪型といえば、

安田さんの髪はどうしたの??

実験失敗説が飛び交う中、

(↑私の周りの席のeighterのみなさま)

私には野沢雅子さんにしか…

て思ってたけど、後半の方で

花道にちょこんって座ってる

やすくん見てたらメアリが重なってきた。

安田章大ってすごいんだね。

 

前半戦バンドのセトリ。

ハイスピ始まりって相当上がりますね!!

METROCK彷彿とさせる…!

「勝手に仕上がれ」ほど

生で生きる曲ってなかなかない。

音源よりぜっっっっっっったいライブ向き!

やすばのパートがめちゃんこ痺れる。

最新アルバムの曲を中心に、

安心と信頼の「象」「NOROSHI」を入れつつ、

何よりやっぱり「Tokyoholic」が聞けて

幸せ幸せ。まるすばのイントロの

ベースとタンバリンのセッションが 好きすぎて辛い。

どうしよう。 そしてこの曲、スクリーン割りが神。

てか今回バックスクリーンの割り方が

最高すぎてエイト&スタッフさんまじ感謝。

登場の仕方といい、曲間の繋ぎ方といい、

なーんかフェスっぽくてホクホク!

どんどんエイトバンドがでっかくなってくよ〜!

うれしいうれしい!!

 

後半もそのまま収めるつもりが

とーんでもなく長くなりそうなので、

一旦ここまで!分けるつもりなかったのに!

だってジャムがよすぎた!

エイトが最強すぎた!

 

後半戦に続きまーすっ☺︎

 

 

 

超がつく初心者がミスチルさんの『Thanksgiving』に参戦してきた話

 

※多少ネタバレ含まれております。

  ご注意を!!

 

今週末は久しぶりに充実しておりました。

1日OFFこそ取れなかったけども。

そんなもんだよ諦めてる!

それがよくてこんな仕事してるようなもんだし!

土日フルで2日間休みでも、

友達鬼少ない私は暇を持て余してしまう

&暇なの激しく苦手だから助かるよ。

(ただの社畜)

 

まずは土曜日!

大学時代のサークルの同期に誘われて

Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』

に参戦してまいりました!!!

参戦って言わないか!ジャニヲタだけ??

 

や〜〜〜〜〜〜もうね、

幸福感とはこのこと!

発狂とか熱狂とかそういう満たされ方ではなく、

あったかくて優しくて

骨の髄からぐーっと熱くなっていくような

芯からあたたかい気持ちになった

そんな3時間でした。

 

初めてのミスチルさんのライブ。

正直普段からミスチルさんの曲を

持ち歩いて聞いているわけでもなければ、

知っている曲もメジャーなやつばかりの

完全ミスチルど初心者な私が、

25周年という記念中の記念ライブに

軽々しく行っていいのか、

失礼なんじゃないのか、

すっごくすっごく考えました。

だって自分がエイトの『十祭』が外れて、

ど素人のミーハー野郎がヘラヘラ参加してたら

憤怒こそしないけど、

やっぱりちょっと

悔しい気持ちになってしまっていたと思うもん。

せめて失礼に当たらないように、

連れて行ってくれたガチのミスチルファンの友達に

何ヶ月も前から事前情報がっつり聞きながら

せめてもの予備知識だけを叩き込んで、

 

いざ当日。

8月5日土曜日、日産スタジアム

 

台風やら遅れた梅雨やらで、

天気が心配されていた週末でしたが、

そんな一抹の心配を嘲笑うかのような

憎たらしいほどの太陽の下、

日産スタジアムに入場。

 

これまた申し訳なくなるくらいのいい席で。

(1階スタンドの9〜10列目あたり)

これがジャニーズのライブだったら

いつもの天井とかと比較して

テンションだだ上がってただろう。

いやね、決して抜群にいい席とは言えないよ!?

人によってはそんないい席か?

って感じだと思いますよ!?

でもさ!ドームの天井とかさ!

アリーナクラスのスタンド最後列とかさ!

そういうのを死ぬほど経験してきてるから

ここはもう素晴らしい良席なんですよ。

まず肉眼で本人しっかり見えるんだから!

 

私はステージ向かって右側の方でしたが

左側の方々が序盤とにかく暑そうで!

太陽の猛攻撃がすごすぎて、

とっても心配でした。。

ありゃ地獄じゃ。。

 

真夏の暑さに比例して、

会場のボルテージがぐんぐん上がる中、

ライブはスタートしました。

オープニングの映像がまず神。

25周年を振り返りながら、

輝かしい映像に包まれて、

ついに生ミスチルさんが!!!

本物!存在してたんだ!!

会場の地鳴りのような歓声を

まるで春先のあったかいそよ風のように

涼しげに受け止める桜井さんの笑顔

からの、

Mr.Childrenでーす!!!」

の圧倒的格好良さに息の根止まりました。

 

桜井さん!!神々しすぎ!!

歌ゲロうまい!生歌でこのうまさよ!!

もはやその表現すら失礼!!

カリスマ!天才!!桜井様!!

表現できない!神って多分あの人!

そして笑顔は仏。なんてこった。

田原さんかわいい!!

fanfare若干とちっちゃう田原さん!

ごまかす田原さん!全部かわいい!!

このくそ暑い中終始長袖だし!

なぜ!かわいい!!気になる!!かわいい!!

中川さんカッコ良い!!

渋い!基本真顔!かっこいい!!

ベース厨の私としては

こんなモンスターバンドのベース様を

生で、近くで拝めるなんて

こんな夢みたいなことはありません。

そして一番心打たれたのは

ドラムの鈴木さん〜〜〜!

常にニコニコきゃっきゃしてるし

桜井さんの後ろで大口開けて歌ってるし

なんなら一曲フルで自分ボーカルの曲やっちゃうし

中に着てるアミアミ気に入ってるし

なんなのこの人!最高かよ!!

何よりこんな神のようなバンドで

こんなに全力ではしゃぎながら

ビックスマイルかましてドラム叩いてる

そんな人いるんだって感動した。好き。

 

友人と数週間前に話してた

当日のセトリ予想大会でしたが、

大変恐縮ながらなかなかいい線いってた私!

というか聞きたい曲ほぼ全部聞けた!

ないと思ってたHANABIも聞けちゃうし!

(その前のドームではなかったらしい)

GIFTも365日もhimawariも聞けちゃうし!

fanfareやっぱり最強だった。熱かった。

そして1番聞きたくてたまらなかった

Signが聞けたのは本当に嬉しかったです。

simpleがとってもいい曲でした。

話でしか聞いたことがありませんでしたが、

(長谷部選手と佐藤ありさちゃんの結婚の件で)

こんないい曲だったとは。ひれ伏した。

そして案外自分ミスチルの曲知ってるなって

思ったけどそうじゃないんだ。

ミスチルさんの曲がどれもこれも有名で、

日本人の生活に根付いてて、

さらに25周年のアニバーサリーなライブだから

これでもかってくらいゴリゴリの

スター選手ばかりをかき集めてくれてて、

誰もが思い描く「Mr.Children」を

音と姿と熱さで表現してくれていたんだ。

 

何度も何度も「ありがとう」と叫ぶ桜井さん。

いつもこんな感じだよ、と友人は言っていたけど、

桜井さんの「ありがとう」は

何度叫ばれても安さや当たり前を感じなかった。

心の底を感じた。というかえぐられた。

自分の根底をぐっと持って行かれた。

 

歩んできた25年という道を

「好きなことやって、音楽で食ってきたかった」

って40代後半の大人が包み隠さず

ストレートに言葉にする格好良さ。

成功者だからかっこいいのか。

そうかもしれないけれど、

私はこの人が、桜井さんが、

Mr.Childrenがあまりにもピュアだから

こんなにも格好良いんだと思いました。

あーすっげえかっこよかった。

こんな大人になりたいと思った。

こんな歳のとり方をしたいと思った。

 

最初から最後まで、

とにかくあたたかくて居心地がよくて

幸せだけがそこに満ちているライブ。

日本が誇るモンスターバンドは

世界一優しいモンスターだった。

そして生まれたての純粋さがそこにあった。

 

普段ペンライトの海を見て

ここが世界で1番美しい景色だと、

そう信じて止まなかった私ですが、

そんなことないかもって、

1番美しいのって人の掌かもって

ちょっとだけそう思った。

ペンライトもうちわもフラッグも、

全部ファンの愛だから、

その美しさや形を比べるものではないし、

比べる必要なんてないけれど、

夕暮れの空に高く突き上げられた

7万人の掌が

たった一組のアーティストのために

同じ日・同じ時に上下左右に揺れる

その景色こそ美しいのかもしれないと

そう感じたライブでした。

 

改めて、

Mr.Childrenさん25周年

本当に本当におめでとうございます!!

素敵な時間を、あたたかい時間を、

ありがとうございました!!

「明日からまた頑張ってー!」

って最後叫んでくれた桜井さんがいるから

頑張れてる人たくさんいるはず。

あー私も頑張ろう!

 

やっぱり夏のライブは最高だな〜〜!!

夏といえばライブ!現場!!欲を言えば野外!!

最強!!最高!!(ボキャ貧悪しからず。)

これからも夏は現場充させよう…

と誓った8月の夏の夜でした。

 

そんなこんなで

しょーもないことしか書けなかった

ミスチルさんのアニバーサリーライブレポ。

レポでもないな。備忘録。

うっかり見つけてしまって

うっかり読んでしまったミスチルファンの方

ごめんなさい。本気でミスチル素晴らしかったです。

もしまた、ご縁があれば 是非是非行きたい!

またあの幸福感に包まれたい!

それまでにちょっとずつ、

ミスチルさんの曲聞いていこうっと☺︎

 

 

某ジャニーズJr.とヲタの遭遇に出くわしてしまった話。

 

すっかり空いてしまいました…。

お仕事でいろいろバタバタしておりました。

という言い訳。

8月ですよ!!ねえ!!

こないだ大学の同期とも話してましたが、

夏らしいことしたいです。

テンションあげたい。夏だから!

夏ってなんだよ!!くそう!!

 

最近はというと、

関ジュの『少年たち』が開幕したり、

ジャニーズWESTの新曲が発表されたり、

ボイメンの新曲がすんげー良かったり、

ヲタごとで気持ちが落ち着きません!

上半期はばっくりヲタごとから遠ざかっていたので、

下半期はちらちら現場にいけたらいいなあ。

てか毎日のように仕事で現場にいるから

だんだん感覚がおかしくなってきている。

 

さてさて本題なんですが。

数日前渋谷の某ファミレスで

友達とだらだらしてたんですけど、

隣の席が高校〜大学くらいの女の子2人組で。

もう見るからに「ああ、そうだな。」と。

"ジャニヲタ"だなと。

この感覚、ジャニヲタなら誰しもわかるはず。

ジャニヲタって何種類もいて、

その中でも自分は全くジャニヲタに見られない、

悲しいくらい非ジャニヲタ感満載の容姿らしい。

ただジャニヲタの大多数って、

そりゃもうにじみ出るどころか

溢れ出て溢れ出て仕方ない、

独特の "ジャニヲタ"的雰囲気を持っているのですが、

隣の席の女子二人がまさにそうでした。

数分後には今夏開催中の

サマステ?の話であーだこーだ言い出したので

間違いなくそれだと確信。

 

渋谷・原宿界隈なんて

ジャニーズJr.の聖地的なところあるから

1年間365日ジャニヲタで 溢れかえってるので、

こうやって隣の席が同業者☆なんて

日常茶飯事、当たり前にあるんですが、

私は東Jrに関しての知識がほぼ0で、

ちゃんと認識できてる子も数人だし、

もともと関ジュにいて何度も目にしてた

紫耀廉くらいしかどっぷりわかる子がいないので

渋谷近辺で隣にジャニヲタが座っても

ジャニーズJrの話だな〜くらいしか分からず

もはや聞きもしてないんですよ普段。

 

ただ、今回はちょっと違った。

 

さっきまで彼氏の悪口交えつつ、

ジャニ話で盛り上がっていたのに

(正確にはそない盛り上がってはいなかった)

ある瞬間から明らかにザワつき出す二人。

「やばい」

「どうしよう」

をひたすら連呼しながら

咄嗟に鏡を取り出しメイクを直し始める二人。

「◯◯に電話しなきゃ」

「△△ちゃんのLINE知っててる?」

と、詳しい連絡先こそ知らないが

一応知り合い?と思われる友達に

連絡を取り出したがる二人。

(おそらくSNSでしか繋がっていないヲタ友)

明らかにさっきまでとは

雰囲気もテンションも違って

かなりパニックな様子。

不審に思っていたが原因はすぐにわかった。

 

私たちのテーブルの数個隣に

中高生くらいの男の子の集団。

パッと見一般人の男の子よりも

ちょっと綺麗な顔をしているぐらいだが、

立ち振る舞いや華奢さから

少し違った雰囲気も感じなくはない。

彼らはジャニーズJr.だった。

 

隣の席の女の子たちの会話と、

なけなしの東Jr.の知識、

何より長年のジャニヲタ歴で身につけた

ジャニ感を察知する能力から、

あの男の子たちはJr.だということと、

彼女らは決してその集団のうちの誰かの

「担当」(特定の推しメン)ではないが、

知っているJr.に軽率に沸いているということ

が手に取るようにわかってしまった。

 

まあ都心のファミレスに

堂々と集団で現れたら分かる人には顔さすし、

ましてや渋谷に数人でたまってたら

そらヲタにはすぐバレるに決まってる。

彼女たちだけじゃなく、

他にもジャニヲタっぽい子たちが

店内にはちらちらいたから、

みんな気づいていたはず。

 

隣の女子たちはというと、

トイレに行くと行っては席を立ち、

水を取りに行くと言っては席を立ち、

しまいにはJr.のうちの誰かが

フラっと入り口方向に向かおうものなら

平然を装ってついていったりしていた。

(帰り際に気づいたが、別の席にも  

 同じJr.の誰かがいたらしく、

 Jrが店内をちょろちょろしていたのは

 お互いの席を行き来していたからだった。)

 

ふと隣の女子たちが静かになった。

気になり隣のテーブルを見ると、

メニューの間から隠し撮りをしていた。

隠し撮りは犯罪で禁止行為だ。

多くの芸能人がその行為に悩まされ、

度々ネットでも話題になっている。

 

ジャニーズのように若い男の子のアイドルと

そのファンである女性たちの間でも

隠し撮りは日常のように発生している。

Twitterを覗けば山のように

隠し撮りした写真や動画が

わんさか出てくるはずだ。

 

アイドルのプライベートほど

ファンにとってたまらないものはない。

プライベートこそ知りたくない、

というファンの鑑とも言える方もいるが、

"ジャニヲタ"の中でも特に熱心な人たちは

このプライベートをどれだけ知っているかが

優越感や恍惚感を得られる最大の美酒になるのだ。

 

Jr.の子たちももちろんそういう目に

あっていることはとっくに気づいているし、

なんならそれをネタにしてしまっているところも

少なからずあるだろう。(MCなどから推測)

撮られていることを知ってか知らずか

コソコソする素振りも全くなく、

堂々と食事をし長居することなく

全員で店を出て行った。

気になんてしていられないし、

気にもなっていないのかもしれない。

下手したらヲタとの遭遇・盗撮を

一種のゲーム的感覚で捉えているのかもしれない。

そう考えるとジャニーズJrとヲタは

「芸能人とファン」という関係の中でも

異質な関係性かもしれない。

 

とりあえずジャニーズとはいえ

Jrだからか極めて普通の男の子だったし、

最近のJrは相当良いもの着てるイメージだったから

すっげー普通のTシャツチノパンを着ていて

あまりにも素朴すぎて好感度上がった。

でも1人も誰かわからなかった。すみません。

 

その後ちゃっかりエゴサかけてみたら

そのガールたちと思われるツイートを

一瞬にして見つけてしまったので、

世間ってつくづく狭い。

そして自分のエゴサ能力!

ヲタ活+2年間某広告会社企画チームで鍛えた

ネット解析能力は伊達じゃなかった。笑

むしろそんなことでしか活かせてない!

部長ごめんね!!!何十万ってかけてもらったのに!!

 

そんなこんなで今週末は

うっかり入る予定ではなかった

『ジャム』名古屋公演最終日に

行ってきます〜〜〜!!!

そんでもってなぜかミスチルも参戦します。笑

せっかくだしなんか席良いっぽいし

楽しんでこよ〜〜う☺︎

 

 

 

関ジャニ∞にカバーしてほしい曲10選〜⑦大倉忠義〜

 

ラスト2回!あっという間ですねっ

個人パートラストは関ジャニ∞最年少、

大倉さんでございます!

 

近年某バラエティ番組のおかげで

めっきりキャラが崩壊しつつある大倉氏。

かつては超絶イケメン王子キャラで、

エイトのアイドル担当だったのに…。

 

それでもドラムを叩いている姿だったり、

熱い話をしている時の視点だったり、

最年少ならではの俯瞰と思いは

「グループを誰よりもよく考えている」

と年長組も認めるほど落ち着いていて

しっかりしているなと思うことが多いです。

 

実はメンバー1見た目とのギャップが

あるんじゃないかなーなんて思われる

そんな大倉氏に歌ってほしい10曲です!

他の6人とは少し違ったチョイスになったかも☺︎

 

*ラヴ・パレード/ORANGE RANGE

 ORANGE RANGEさんのバラードの中でも

 特に人気のある名曲といえばこれ。

 かく言う私も、叔母が気に入っていて

 勧められたことがきっかけで好きになりました。

 大倉氏はなんと言っても低音が

 とんでもなく魅力的な人なので、

 バラード曲も抜群に映えるし、

 ラップロック調の曲なんか花マル満点級に

 綺麗に歌いこなしてくれると思う。

 あと女の子にいきなり「家行くね」言われて

 深夜に大掃除してそう。っていう妄想。

 

*SUGER/Nissy

 関ジャニ∞だったら絶対大倉氏!

 って決めてた曲です。

 キーとか絶対に合わないだろうけど!

 完全に曲と本人の雰囲気重視。

 あとNissyと言えばバリバリのダンスなので

 ここはエイトの踊れる担当でもある

 大倉さんにフリ完コピでやっていただきたい。

 MVも見させていただきましたが、

 これ大倉さん似合うだろうな〜っていう

 仕様のMVだったのでそれもぜひ。

 ライブのソロコーナーでやったら

 悲鳴鳴り止まないこと間違いなし。

 

*SORA~この声が届くまで~/DEEP

 最近GENERATIONSさんがカバーされて、

 ひっさしぶりに聞いて改めて

 いい曲だな〜ってしみじみ思った一曲。

 これやすばでも聞きたいやつなんだけど、

 ちょっとロックになりすぎちゃうかなあ。

 山田でも聞きたいけど、あえての大倉ソロでぜひ。

 歌詞の世界観のみで選びました。

 大倉さんて過去の作詞した曲見ても

 なかなかストレートなこと書くというか

 結構クサいとこあるなーなんて

 いい意味で思ったりしたので、

 こんくらいロマンチックでも似合うと思う。

 

LA・LA・LA LOVE SONG/久保田利伸

 最近のEDMっぽいノリの曲じゃなく、

 90年代感全開の恋愛ソングとか

 聞いてみたいなーと思って選曲。

 「息が止まるくらいの

  甘い口づけをしようよ」

 とか平気で歌えちゃう系アイドルだし

 なんなら似合っちゃう系アイドル。

 確実にサマになる。悔しい。

 ライブでトロッコとかに乗りながら

 お手手フリフリ大倉スマイルで

 歌ってくれたら全大倉担がもれなく死ぬ。 

 

*運命のヒト/EXILE

 初めて聞いたのは中学生?だったかなあ…

 当時は両A面だった『Carry on』が大好きで

 それきっかけでEXILEさんのファンになりました。

 が高校入るあたりにふと気づいたんですわ。

 おや?運命のヒトってこんないい歌なん?

 すんごく繊細な女々しい曲だと思う。

 大倉氏の恋愛感は案外女々しそうなので、

 (disってない!想像!!)

 感情移入してメソメソ歌ってくれ。

 『あれから何度も君に触れたくて〜』

 とか本当にハマる。かわいそう。←  

 

*小さな恋のうた/MONGOL800

 すんごい大変なのは百も承知だけど

 ドラム叩きながら歌ってほしいんすよ。

 モンパチさんの曲の中で、

 もっとも有名であろうこの曲。

 なんか大倉氏似合うんだよな〜。

 もうすでにカラオケで歌ってそう。

 エイトみんなでカバーしても

 なかなか面白い予感バチバチする!

 

*楓/スピッツ

 これも大倉さんに!と決めてた曲。

 AメロBメロの低音から

 サビへ少しずつキーあげてく感じが

 気持ちいいくらい切ないし、

 変に技巧的すぎなくて引き込まれる。

 大倉氏がソロで失恋ソング歌うなら

 こんな曲をぜひ今後やってほしいな。

 がっつりフラれてから暫くは

 君の声を抱いて歩いてそう。(偏見)

 

*Sign/Mr.Children

 ミスチルさんの曲の中でも

 何年経っても忘れることなく好きな曲。

 当時『オレンジデイズ』を見て

 「こんな大学生活送るんだあ〜」

 って浮かれてた自分まじどんまい。

 現実主義とロマン主義の狭間で

 絶妙にバランスよく生きてそうな

 超絶器用な大倉氏。

 ミスチルの曲は空想と現実を

 ふわふわ漂う2.5次元感がある気がするので、

 同じようなベクトルの大倉氏はハマるはず。 

 

*太陽とビキニ/RIP SLYME

 なんかもうほんっと個人的なんですけど、

 『太陽とビキニ』といえば大倉氏だし、

 RIPが抜群に似合うといえば彼なんです。

 今のエイトでこの曲のMV作ったら

 痺れるものが上がってきそうすぎる。

 アイドルがHIPHOPやるときって

 ちょっとした違和感は覚悟の上だけど

 大倉さんはその辺ひょいって乗り越えてくる。

 から期待しかない。

 

*Orion/エイジアエンジニア

 これすんごいおすすめの曲です!(唐突)

 高校の時異常な程聞きまくってた!

 若干中二病臭する歌詞ですが、

 メロディラインがとにかくいい!

 これも安心と信頼の低音ボイスをお持ちの

 大倉氏にがっつり歌っていただきたい。

 この曲もなかなか歌詞が女性的なので

 大倉くん似合うんじゃないかな☆

 

何度も書いてますが、

大倉さんには他メンバーとは

少し雰囲気を変えて、

とにかくいろんなジャンル、

いろんな曲調の曲をと思い

自分の中の少なすぎる音楽知識と

記憶にストックしてある曲を

毎日毎日ぐるんぐるんさせて

あれこれ悩みながら選んでみました。

 

エイト全員にもちろん言えることですが

大倉さんも相当な負けず嫌いだと思うし、

なかなかのレベルの努力の人だと思ってます。

それは売れない時代を歩んできた、

自分がフューチャーされない時代を知ってる

苦労して今の位置を築いた人の証だし、

絶対に満足したくない、満足しない、

野心を持った人の証拠だからだと思います。

もちろん他の6人が同じくらい

野心家だからだとも思う。

恵まれない時代を

共に這いつくばってきた仲間がいる。

それって実はめちゃくちゃ恵まれてる。

 

そんな過去を歩んできているのに

なんかそれを感じさせない

豪快さとゆるさと奔放さが

エイトの最年少の最大の魅力だと思います。

 

「はじめから終わりまで。

 この人ほどリア充感溢れる恋愛ソングが似合う人っていないと思う。」

 

とりあえず大倉氏からは、

リア充感しか感じません!!!!

くやしい!!!!

神様何物も与えすぎや!!!!

 

次回はいよいよ最終回!

ラストは関ジャニ∞全員で カバーしたい曲です。

全員って思った途端、 勝手に圧感じて選定進みません!泣

 

 

 

関ジャニ∞にカバーしてほしい曲10選〜⑥錦戸亮〜

 

兄組をコツコツ書いていた前半から、

もう残すところ3回となってしまいました。

第6回は錦戸さん!亮ちゃんです!

 

群雄割拠のジャニーズ王国で

小さい頃からエリート街道をひた走ってきた亮ちゃん。

デビューしたグループの掛け持ちという

今考えてもありえないことを

涼しい顔でやっていた錦戸さんは

本当にタフな強い人だと思います。

 

なんでもこなす器用タイプですが、

中身はめちゃめちゃ不器用で、

近年じゃ「残念」イメージがみるみる定着。

平ちゃんやつかぽんのせいだ!!

と見せかけてりょんちゃん自身、

なかなか残念なとこ、たくさんあるんです。

そんな可哀想で可愛い弟気質の亮ちゃんには

こんな10曲を選んでみました。

 

真夏の果実/サザンオールスターズ

 亮ちゃんの声ってなんとなく

 桑田さんに近しいものを感じることが多く、

 特に亮ちゃんが歌ったら光りそうだなと思い

 この曲を選んでみました。

 あとは亮ちゃんにロックバンドのバラードを

 スパイシーな声で歌ってほしいんです!

 すばるくん同様めちゃめちゃ似合う。

 「四六時中も好きと言って」

 って恋しそうに歌う錦戸亮はいかがですか!!

 

*そのドレスちょっと待った/back number

 もはやお決まりのエイト×back number!

 丸ちゃんのところでも触れましたが

 『僕は君のことが好きだけど〜』と

 どちらがどちらを歌ってほしいか

 とっっっっっっっても迷いました!

 ほほえみどっちもハマりすぎてて!!

 決め手は「より残念な方を亮ちゃんに」

 ということで錦戸さんはこちらの曲を。

 別れた元カノが結婚するって知って

 強がりつつも大後悔してる超絶残念な曲。 

 「へえそうなんだよかったねおしあわせに」

 とか最高に亮ちゃんだし、

 「君と僕の人生という道がもう二度と  

  交わらないことをお喜び申し上げます」

 って歌う亮ちゃん最高にしんどすぎて辛い!

 ふと妹さんの結婚式で大号泣したエピを思い出す。

 

*二人/aiko

 この曲は亮ちゃんにって決めてました。

 語数も音数もかなり多くて

 スピード感と焦燥感に襲われる

 aikoさんの曲の中でも

 なかなか難易度の高いハードな曲。

 (だと私は思ってる)

 これをギターがしがし弾きながら

 眉をしかめて歌う錦戸さんに痺れたい。

 亮ちゃんは直喩的な表現よりも

 遠回しな表現をしている歌詞が

 すごく絵になる人ですね。さすが役者!

 

*三日月/絢香

 パワフルでジャジーな歌声の絢香さんの曲を

 ぜひとも亮ちゃんに歌ってほしくて。

 『Real voice』もいいかなーなんて

 うっすら思ったりもしましたが、

 ここはやっぱり珠玉のバラードで!

 全体的に男性キーにしつつも、

 高音部分はギリまで残しておいてほしい。

 攻めれるとこ攻めて歌ってほしい。

 という勝手な願望を押し付けたくなってしまう。

 山田と亮ちゃんで『WINDING ROAD』も見たい。

 おりょんが絢香さんで山田がコブクロさんで!

 

*Heavenly White/EXILE

 エイトって冬の曲多いよな〜

 しかも8割方大失恋してるよな〜

 からのいつもの流れのやつです。

 冬×失恋=関ジャニ∞はテッパンの方程式。

 どの回も邦ロックイメージで選びがちでしたが、

 亮ちゃんはこういう曲調でも

 違和感なくかっちりイメージできてしまう。

 そして歌詞をじっくり読むと錦戸さんに重なる。

 さよならした時涙を見せなかった彼女に

 何年経っても後悔の念に駆られててほしいし、

 冬になるたび思い出して苦しくなってほしい。

 

*M/PRINCESS PRINCESS

 つるのさんがかつてカバーされていて、

 そのイメージをまんま当て込みました。

 丸腰でスタンドマイク前に立って

 小細工なしでこの曲を歌う錦戸亮を見たいなって。

 コード進行や音程に難解さがあまりないからこそ

 ボーカルの真価が問われるシンプルなバラード。

 渋谷さんだともう、それ!ってなっちゃうから

 錦戸さんにぜひ勝負してみてほしい。

 「季節はまた変わるのに 

  心だけ立ち止まったまま」

 って立ち止まることなんてなさそうな

 おりょんが真っ直ぐに歌ってくれたらぐっとくる。

 

*すべてへ/19

 これ気まずいでやってくれたらなー

 ツインアコギっていうまさかな演出で

 二人横並びで歌ってくれたらなー

 歌詞がなんだか関ジャニ∞な曲。

 20代のまだ全然売れていなかった

 くすぶり続けたエイトに重なるけれど、

 今なおこの曲のハングリーさと

 ある種の焦りと不満足さを持っていてほしい。

 し、きっとエイトは想像以上にそれを持ってる。

 気まずいで、ということ以上に、

 "錦戸亮が"この曲を歌うことに

 絶大な意味を勝手に感じてしまう。

 

*未来/HY

 そろそろハッピーな曲入れないと、と

 申し訳なくなって探してきた曲。(笑)

 (本当は『てがみ』の予定だったなんて言えない)

 ヤンマーちゃんで歌っても可愛い。

 しょっぱなの「よく晴れた青空」

 を爽やかいっぱいどっくんモードで

 明るくウキウキで歌ってくれたら死ねる。

 こういうほんわかふわふわ幸せ系って

 意外と人を選ぶんですけど、

 亮ちゃんはすんなり入っていけると思う。

 思ったより音程の落差がある曲なので

 それをあっさり歌いこなす錦戸プロが見たい。

 

*イト/クリープハイプ

 星の数ほどいる若手バンドの中でも

 最近なんだか気になる邦ロックバンドの一つ。

 クリープさんはハマるまでが長い人が多いけど

 ハマッた時の中毒性ってただならない。

 声がたっかい!し不思議な声してる!

 歌詞の表現とか言葉の端々が

 亮ちゃんに近いものを彷彿とさせる。

 巧妙な感じね。遊び心というか複雑というか。

 ちゃんと聞くとすごい深いこと書いてる。

 尾崎さんの泣きわめくような、

 叫びのような突き刺す高音を

 亮ちゃんが歌ったらどうなるんだろうって

 考えただけでワクワクする。楽しい。

 

*粉雪/レミオロメン

 本当は別な曲を入れておりましたが、

 「これは外せん!!!」と秒で組み込みました。

 錦戸亮の役者としてのこれまでの軌跡を、

 このドラマなしでは語ることなんてできません。

 『3月9日』は歌ってましたので、

 主題歌の方も聞きたいなーと。

 てか絶対聞きたい!!合いすぎ!!

 中学の時死ぬほど大好きな曲でした。

 亮ちゃんの憂いを帯びている感じと

 ハスキーな地声で切なく声を荒げてほしい。

 

丸ちゃん同様、失恋ソング多めになりました。

亮ちゃんもまた特徴のある声の人なので、

亮ちゃんがソロで、って考えると

ついついマイナーコードな曲を選んでしまいます。

そしてちょっと技ありというか、

すんなり歌えそうにない曲を歌ってほしくなる。

感情がわかりやすいタイプではないからこそ

悲しい曲や切ない曲で見える情緒が

すごく魅力的だしキラキラするなと思います。

 

「泣きたくなるくらい叙情的な歌を、  

 霞みそうなほど叫んで歌ってほしい。」 

 

クールで一見とっつきにくそうな亮ちゃんが

ジャニーズの中でも異色と言われ、

関西丸出しのガッチャガチャした

関ジャニ∞が好きでとっても大切で、

亮ちゃん自身がどんどん変わっていって

それは間違いなくグループのおかげだと思います。

 

だって錦戸さんがこんなにアホで残念で

涙もろくてしっかりしてなくて

お茶目で愛らしい人だとは

関ジャニ∞がなかったら、

関ジャニ∞じゃなかったら、

知ることができなかったと思います。

 

恐竜になってステージ走りまわらされたり、

虫のおもちゃ投げつけられたり、

全員が笑うまでゲッツやらされたり、

定期的にラブスーパーマンになったり、

こんな錦戸亮が見られるのは

関ジャニ∞だけなんだわ!

放送事故な表情でヤギのものまねやってる

おりょんさん見られるのなんて

エイトのみんなといる時だけなんだわ!

そしてなんだかんだうだうだしながら

結果頑張ってやっちゃう錦戸さんは

関ジャニ∞だからやってるんだろうし、

関ジャニ∞が大切なんだと思います。

じゃなかったらやんないよね(笑)

 

さあさあ、ラスト2回!個人ラストは

関ジャニ∞の最年少・大倉さん

他メンバーとはまた少し違ったテイストの

10曲になったんじゃないかな☺︎

 

 

関ジャニ∞にカバーしてほしい曲10選〜⑤安田章大〜

 

いよいよ5回目!折り返しです。

今回は関ジャニ∞の奇抜な天才

安田さんでございます!

 

かわいいかわいいみんなの"やすくん"から、

色気だだ漏れの漢・安田章大まで、

はたまた『クルトン』『Kicyu』からの

『Dye D?』の衝撃の誕生まで。

耳キーンどころじゃない振り幅で

eigherを振り回し続ける罪な男 安田さん。

 

この人の器用さと類稀なるセンスは

間違いなく努力だけでは身につかない、

先天的なものだと思います。

どんなに頑張っても真似できん!

 

やすくんはとにかく何やらせても

バッチリハメてくる人だから、

他メンバーとはちょっと違った角度で

曲を選定できて楽しかった!ワキワキした☺︎

文字通り"安田章大だから"の10選です。

 

 

*花束/back number  

 まずしょっぱなでこの曲が浮かびました。  

 オフの日の朝、ギター片手に少し掠れた声で 

 「僕は何回だって 何十回だって」  

 って歌っててほしい。  

 その声で目覚めたい朝幸せすぎません?  

 (細かい妄想がひどい)  

 しんどい失恋ソング揃いのback numberさんですが、  

 あえてとびきり甘い曲を安田さんに。  

 やすは弾き語りの絵が似合うというか自然すぎる。

 

*涙/GENERATIONS from EXILE TRIBE  

 はい!!ぜひ山田で!!  

 数原さん→丸ちゃん 片寄さん→やすくんで!!  

 その構想しか頭に浮かんでおりません!!  

 こんな悲しくてあったかい恋の歌、  

 本家以外でハマる人山田しかいないんです。  

 丸ちゃんの安定した声で歌う  

 「1番最初の君の涙は   

  僕が君に好きだと告げた日」  

 も最強に泣けるし、  

 やすくんの綺麗な高音で聴かせる  

 「1番最後の君の涙は   

  "サヨナラ""ゴメンネ"   

  そう言いながら 今零れた」  

 もしんどすぎる。辛い。  

 あと2番の歌詞が最高に山田なんで是非。

 

*カブトムシ/aiko 

 やすくんは割とaikoさんのイメージ。  

 なんでもハマるなーと思って  

 あれこれ想像してみましたが、  

 ここは王道を行こうかなと。  

 「少し背の高い あなたの耳に寄せたおでこ」  

 の表現がやすっぽい。(身長じゃないよ!)  

 やすの高音が好きなので、  

 できれば原曲キーで聞きたい。  

 男の人には厳しいか。。。  

 女子でもキツイもんね。  

 でもやっさんはなんかいけちゃいそう。

 

波乗りジョニー/桑田佳祐  

 大人になってこの曲がどんだけ神曲か  

 土下座したくなるくらい痛感しました。  

 「君を守ってやるよと〜」  

 のBメロを安田さんが熱唱しているのが  

 容易に想像できすぎた。  

 やすくんは夏!海!青空!な  

 ブルー担当のエイト1の夏男なので、

 どうしてもサザンを歌わせたかった。  

 『明日晴れるかな』と迷ったんですが、  

 やっぱりジョニー安田が見たくて聞きたくて!

 

*darling/西野カナ 

 平成20年以降の女性シンガーの中でも  

 安定した人気とキュートすぎる歌声の西野カナさん。  

 そんなカナやんの曲の中でも  

 とびきり可愛い幸せソングといえばこれ!  

 やすほどとろけるくらいの甘くて  

 幸せな恋の歌が似合う人も貴重。  

 「そうきっとこんな毎日が 幸せなのかな」  

 が100%安田章大だと思う。  

 これ歌ってるやすくんの顔が  

 絶対ふわふわ安田スマイルでSoキュートだと思う。

 

*風吹けば恋/チャットモンチー  

 この曲の疾走感と爽快感ったらない。  

 『SEA BREEZE』のCMタイアップ曲って  

 勝訴すぎて大好きなCMだった。  

 これドラム大倉ベース丸山で見たいな〜〜〜  

 もちろんギター&ボーカルは安田さん一択で。  

 高まるドラムとリズムを突き刺すベース音と  

 夏を音で表現しすぎてるギター音に  

 やすくんの弾ける声がのっかったら、  

 もう拳突き上げて汗だくで飛び跳ねるしかない。  

 個人的に間奏のギターソロが  

 やすくんガッチガチにキメて弾いてくれそうで  

 ひたすら見たすぎる。やすのギター好きだ〜 

 

Strawberry Jam/大塚愛  

 大塚愛さんの曲の中で1番好きかもな曲。  

 こんな恋愛したい曲ランキングつけたら  

 間違いなくTOP3には入ってくる。  

 とにかく安田さんに女性ボーカルの曲を  

 ひたすら歌わせたさすぎて困る。  

 大塚愛さんのキーってなんとなく  

 やすくんにハマる気がしてならない。  

 「甘い甘い Strawberry Jam」  

 を超絶ぶりっ子で歌われたら勝てねえ…

 

*SUMMER SONG/YUI  

 夏×ギター×女性ボーカルといえばな曲。  

 YUIちゃんの曲は等身大というか、  

 ありのまま・ナチュラルを具体化してて  

 どんな一般人女性にも寄り添ってくれる曲が多い。  

 YUIちゃんのようなシンプルな構図が  

 安田さんもきっと似合うと思う。  

 「夏がくるから 海へ行こうよ」  

 ってルンルンでギター下げて歌ってる、  

 そんなやすくんが最高に夏。歌うめえってなる。  

 ♪ランラランラ〜の圧倒的可愛さにのぼせたい。

 

*ハプニング/Nissy  

 最近全体的にバンド・楽器隊イメージのエイトだから、  

 実は踊れるんだぜ!な曲も入れたくて!  

 てかやすくんは本来は  

 ガチガチに踊れる系ジャニーズの人ですやん。  

 Nissyの歌唱力とダンス力を

 やっさんは完全にモノにしてくれるはず。

 MVのNissyがいやにかっこいいし、

 ジャニーズ安田はそれを超えるパフォを

 してくれる。し、絶対張り切ってくれる。

 

*セプテンバーさん/RADWIMPS

 恥ずかしながらこの曲をちゃんと聞いたのって

 2〜3年前くらいが初めましてなのですが、

 聞いてふとやすくんが頭をよぎったのが

 今もこの曲を聞くたび思い出されて選曲。

 9月生まれだしね。リアルセプテンバーさん。

 ギターの感じとか楽屋でのやすっぽい。

 ライブ前スタッフがバタバタしてる傍、

 楽屋前の廊下にポツンと座って

 「夏ってだけでキラキラしてた

  あの気持ちが好きなの」  

 ってアップがてら歌ってたら最&高。

 RADWIMPSの曲ってちょいちょい年下組。

 

やすくんは裏で努力してるというよりかは、

好きで好きで、夢中になって、没頭しすぎて

それが結果となって現れている人だと思う。

それもやっぱり才能だと思うんです。

好きなものをとことんやって

突き詰めていって追い込んでいって

そこに”自分”も乗せて表現して、

それが形になって評価になって今がある。

やっとファンだけじゃなく世間的にも

安田章大が評価される時が

着々と来ているな、と嬉しくなります。

 

『ジャム』のように日本のトップを走る

音楽クリエイターやアーティストに愛してもらって

関ジャニ∞に」と曲を作ってもらって。

おそらくどの方も自分の中の「関ジャニ∞」を

音楽で惜しげも無く表してくれている。

メンバーそれぞれも言っていましたが、

それってなんて幸せなことなんだろうと。

関ジャニ∞が売れない時代から

ひたむきに音楽と向き合ってきた賜物だと

誰もがそう思っているはず。私もそう思います。

 

でもやっぱり、

関ジャニ∞」を音楽で表現させたら

やすくんに敵う人っていないと思う。

 

関ジャニ∞の天才は、

 誰よりも幸せな歌が似合うんだと思う。」

 

それは音で表現することがとにかく好きで

トップレベルで真摯に向き合い続けてきた人だから。

そしてやすくん自体が純粋な愛に溢れた人だから。

 

これからもやすくんには

たくさんの愛で関ジャニ∞

カラフルに彩っていってほしいなと思います。

 

次回は6回目!残り3回!

なんでもこなす関ジャニ∞の残念なエース

錦戸さんです!つかぽん!☺︎